マイナンバー ※副業の抜け道の真実

マイナンバー制度で副業がバレる可能性が・・・ その抜け道の真実をお伝えします。
MENU

マイナンバー制度で副業がバレる可能性が・・・ その抜け道の真実をお伝えします。

マイナンバー 副業 抜け道

マイナンバー制度で副業がバレる可能性がありますが、もちろん対策はあります。

 

ネット上では様々な情報が流れていて、かえって混乱してしまっている人も多いようですが、当サイトでは、税理士からの情報をもとにお困りの方を支援出来る情報をお伝えしていきます。

 

マイナンバー制度と副業問題の基礎知識

マイナンバー制度と副業問題の基礎知識

どういう人がマイナンバー制度に困るのかと言えば、「内緒の副業」、「税金逃れ」、「人には言えないような仕事」をしていた人などです。

 

副業でバイトをしている方も多いと思いますが、もし、所得があるにもかかわらずそれを申告せずにしていたのならば、これからはかなり大変になるかもしれません。

 

今までであれば、銀行口座に不透明な振込みなどがあってもバレなかったかもしれませんが、マイナンバー制度が始まるようになると、やがてはマイナンバーで個人の銀行口座とも紐付けをできるようになるために、よくわからない振込みがあるとバレてしまう確率が高くなります。

 

当然、真面目に働いて申告をしている人であれば問題ありませんが、もし、これまでのように申告をせずに黙っていれば、いずれはバレて追徴金を支払わなくてはいけなくなるのです。マイナンバー制度によってこれまでには隠せていた収入も、これからはそうはいかなくなる可能性が高いのです。

 

これからは、副収入があれば、きちんと申告をする必要があります。マイナンバー制度が始まると、個人事業主や夜系の仕事、日払いの仕事をしている人にとっては、かなり厳しくなるかもしれません。ですので、まずは正しい知識を身に付けるところから始めましょう。

 

マイナンバー対策のウソと衝撃の真実!!

よく言われている、マイナンバー対策で良く言われることのウソと真実について書いていきます。

 

@給料を手渡しでもらえば大丈夫
給料を手渡しでもらえば大丈夫、しかも日払いだし!という方がいますが、これは明らかに間違った情報です。給料や報酬を支払う側が、申告すれば足がついてしまいます。

 

会社は、できるだけ多く経費を使いたいですので、例え手渡し日払いだろうが、給料として払ったものは、経費として申請します。その際に、誰に支払ったのかを名前と住所、これからはさらにマイナンバー付きで申告する義務が出てきますので、手渡しだから大丈夫ということはありません。

 

A年間20万円以内ならば会社にバレない
これは、あくまで所得税の話です。20万円以内でも、各市区町村には申告をしなければなりません。

 

B確定申告をすれば大丈夫!
確定申告をすればいいのでは?という声も多いですが、脱税で摘発されないためにはそれで大丈夫ですが、副業バレ対策としては不十分です。確定申告をし、住民税を普通徴収にすればいいんでしょ?とも言われますが、それでも不十分です。

 

住民税を普通徴収にしても自治体がそれを拒否する場合が増えています。取りっぱぐれがないように、会社の給料から天引きした方がいいですよね?

 

※住民税の普通徴収とは、住民税を給料天引きでなく自分で払う支払方法

 

また、確定申告で赤字を出したり、その申告によっても副業バレする可能性が出てきます。

 

副業がバレないための対策はどうするの?

この答えを聞きたいと思いますが、一概には言えません。直ぐにでも答えを聞きたい場合や、対策を相談したい場合は、税理士に相談するのが良いと思います。人それぞれ状況が違いますので、まずはご自身がどの状態に当てはまるかを把握するところこら始めてください。

 

副業バレ対策については、マイナンバー副業バレ対策相談室にて最新情報が更新されています。

 

 

 

 

更新履歴
このページの先頭へ
返済 カードローン